全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

11/11ベースの日記念

11/11はベースの日!人間の耳では聴こえない16Hzまでの超低音を演奏できる「オクトベース」

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:http://www.francemusique.fr/emission/le-mot-du-jour/2016-2017/mot-du-jour-ndeg6-octobasse-09-05-2016-07-25

毎年11月11日は「ベースの日」!


出典:http://bass1111.com/

今日は11月11日。
ポッキーの日とかプリッツの日とかで賑わっていますが、音楽人.net的には、勿論、ベースの日!ですよね?4本の弦にちなんで亀田誠治氏の発案で制定されました。
ベースの魅力といえば、やはりあらゆる音楽を支える低音!

ベースの日を記念して、人間の可聴限界である20Hzを下回る16Hzの超重低音を演奏できる、「オクトベース」を紹介します。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=vTqv6ICeGEk

この楽器は19世紀にフランスの弦楽器製作家ジャン=バプティスト・ヴィヨームが作った。ヴィヨームは作曲家エクトル・ベルリオーズと協力してこの楽器を考案した。ベルリオーズは自身の作品のために非常に低い楽器を必要としていたのである。ヴィヨームは1855年のパリ万国博覧会にこの楽器を出品した。
実際に作られたこの楽器のうちの一つはパリ音楽博物館に展示されている。またウィーンにも別の一挺がある。
この楽器の演奏法は非常に特殊で、演奏者は楽器に取り付けられた小さな台の上に乗るが、ネックの位置が高過ぎるので奏者の手ではなく、レバーで動く装置によって弦を押さえる。
現在この楽器を演奏できるのはイタリアのコントラバス奏者ニコラ・モネータ(Nicola Moneta)だけである。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%B9

■■■■
オクトベースで映画「ジョーズ」のテーマを演奏しています。弦を弓でこする音は聴こえますが、実際の演奏音は、なんとなく分かるか分からないか…です。

「聴く」というよりは「空気振動にぶつかる」為の楽器ですね。生でないとその素晴らしさは分かりません。いつか生演奏を体験したいものです。
11月11日を記念して紹介したオクトベースですが、じつは…弦が3本しかありません!
11月1日か1月11日に紹介すべきであったかも知れませんが、「ベース=弦が4本」とは必ずしも限らない!ということで。

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


音楽人.net編集部です。
特に音楽ジャンルにはこだわらず、シンプルで役に立つ記事の配信を心がけます。

  • 公開記事数 : 214
  • 630137pt

シリーズ記事

BeatportによるHow to DJ動画(5)

DTM初心者の為のPCスペック-2016年版-(1)

イベントレポート(1)

風営法改正について考える(2)

音楽人へのインタビュー(3)

物販アイデアシリーズ(2)

ライブ演出シリーズ(2)

  • Blog
  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスの生涯

エレキベース教本ランキング

amazonランキングで見る! エレキベース教本ランキング

初心者

 音楽人.net 編集部

 2

 2861

 ベース

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

630,137pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

212,391pt


海原亀太

公開記事数 : 22

116,905pt


パンジー関

公開記事数 : 6

111,350pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

98,330pt