全ての音楽制作・演奏を愛する人のためのキュレーションメディア

音楽人.net

おかえり!「阿蘇ロックフェスティバル」

お待たせ。今年やむを得なく延期した「阿蘇ロックフェスティバル」2017年5月27日(土)にカムバック!

いいね

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

出典:http://aso-rockfes.com

おかえり!阿蘇ロックフェスティバル

今年、5月に開催予定だった「阿蘇ロックフェスティバル」は4月14日から発生した熊本地震のためやむを得なく開催を断念。
その「阿蘇ロックフェスティバル」が来年5月27日に開催を決定。
このフェスの発起人である泉谷しげるをはじめ、今年出演予定だったアーティスト合計8組が来年の出演者として発表された。

阿蘇ロックフェスティバル発起人、泉谷しげるよりコメント

熊本大地震以降、くまもとは更なる災難が降りかかり県民は苦労強いられる日々が
続いてるとは思うが、県外からの風評もまた災難のひとつだろう。
くまもとは広いし全部がやられることはありえないのにあちこち相当のダメージを
受けてると思いこむのは外もんの悪いクセ!
阿蘇ロックフェスの会場であるアスペクタはびくともしなかったのだ。
大地震があったから、今度のフェスは復興の旗をかかげての開催となるが、
本来のかたちもまためざしつづけなければならない!
本来とは、くまもと女史による「おんなたちがつくった阿蘇ロックフェスティバルフェス!」であって復興・救済の為だけのフェスではないのだ!
くまもとの芯の強さを表現する唯一無二のロックフェスにしたいもんだ!
天空のロックフェスティバルにようこそ!!

出典:http://aso-rockfes.com

泉谷しげる

ARF発起人。1971年に「泉谷しげる登場」でデビュー。
1975年吉田拓郎、井上陽水らとフォーライフ・レコードを結成。1980年映画「狂い咲きサンダーロード」では美術と音楽を担当、俳優としても活躍。
また、北海道奥尻島救済キャンペーン「一人フォークゲリラ」や長崎・普賢岳噴火災害救済チャリティコンサート、阪神淡路大震災救済の為に再び街頭で「フォークゲリラ」を決行。宮崎県口蹄疫義援ライブなど、義援活動などへも積極的に関わっている。


出演者

ウルフルズ

1988 年に大阪で結成されたロック・バンド。メンバーはトータス松本(vo)、ウルフルケイスケ(g)、ジョン B(b)、サンコン Jr.(ds)の 4 名。
バンド名はあるレコードの帯の“ソウルフル”の文字が改行で“ウルフル”と読めたことが由来。92年5月、シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。
95 年のシングル「ガッツだぜ !」からブレイクし、3rd アルバム『バンザイ』はミリオンヒットに。ソウルフルなヴォーカルと持ち前のコミカルさから、老若男女問わず幅広い支持を獲得。圧巻のライブパフォーマンスで多くの人を魅了してきた。
1996 年、2001 年と二度の NHK 紅白歌合戦出場を果たす。

2009 年より活動休止するも、2014年2月に再始動。同年5月の12thアルバム『ONE MIND』、夏の恒例野外ライヴや全国ツアーで完全復活。
2015年秋にはアルバム『ボンツビワイワイ』をリリース、全国ツアーを2016年1月まで展開。ツアー最終日は8年ぶりとなる日本武道館公演を成功させる。

サンボマスター

2000年結成。山口隆(唄とギター)、近藤洋一(ベースとコーラス)、木内泰史(ドラムスとコーラス)による3ピースロックバンド。
2003年12月1stアルバム『新しき日本語ロックの道と光』をリリース。これまでに7枚のオリジナル・アルバムを発表。観る者の魂を揺さぶる激しいライブ・パフォーマンスがオーディエンスに支持され、フェスやイベントには欠かせない存在に。日本のロックの最前線を走り続けるバンドである。

スチャダラパー

ANI、Bose、SHINCOの3人からなるラップグループ。
1990年にデビューし、1994年『今夜はブギー・バック』が話題となる。以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。デビュー25周年となる2015年に通算12枚目となるアルバム『1212』をリリース。同年4月に25周年公演『華麗なるワンツー』を東京、大阪で開催し、12月に締めくりとなる『暮れの元気なご挨拶(K G G)ツアー2015』を開催した。2016年4月17日(日)に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラ2016 ~LB 春まつり~』を開催する。

電気グルーヴ

80年代後半インディーズで活動していた前身バンド”人生”解散後、石野卓球とピエール瀧が中心となり”電気グルーヴ”を結成。1991年、アルバム『FLASHPAPA』でメジャーデビュー。
1997年にリリースしたシングル「Shangri-La」、アルバム『A』は国内で約50万枚の売り上げを記録。
結成20周年となる2009年年2月4日にはシングル完全生産限定「The  Words」をリリース。そして8月19日には結成20周年記念アルバム「20」(トゥエンティ)をリリースした。
結成25周年となる2014年にはFUJI ROCK FESTIVAL 14’のGREEN STAGEにて2ndヘッドライナーを務め、10月29日からは25周年記念ツアー“塗糞祭”(ルビ:とふんさい)をスタートさせ、同日には結成25周年記念ミニアルバム「25」をリリースした。電気のこれまでを総括するヒストリー&ドキュメンタリームービー「DENKI GROOVE THE MOVIE?  -石野卓球とピエール瀧-」が、2015年12月26日より全国ロードショーされた。

WANIMA

熊本出身のKENTA(Vo, B)、KO-SHIN(G, Cho)を中心に2010年初夏に結成されたロックバンド。2012年12月に同じく熊本出身のFUJI(Dr, Cho)が加入し、現在の編成となる。

音楽性の高さはもとよりライブパフォーマンスやメンバーの人懐っこいキャラクターも話題性も呼んで注目度が非常に高い中1stミニアルバム「Can Not Behaved!!」をリリースし、ロングセラーを記録。11月全国ツアー”Can Not Behaved Tour”33箇所(20公演ソールドアウト)。大型フェスティバルへの出演を果たし、いくつもの入場規制を記録。2015年8月1st シングル「Think That…」をリリース、オリコン14位を記録。レコ発公演は軒並みソールドアウト。主要都市ではチケットの入手が困難な状況を生み出している。そして同年11月にファーストフルアルバム「Are You Coming?」をリリース。オリコンアルバムチャート4位。デイリーでは11月4日1位を獲得し話題となる。

レキシ

1997年SUPER BUTTER DOGのキーボーディストとしてメジャーデビュー。
日本の歴史に造詣が深く、ソロ・プロジェクト、レキシとして2007年アルバム『レキシ』でソロデビュー。ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、ユーモア溢れるステージングで話題を呼ぶ。現在までに、『レキツ』『レキミ』『レシキ』と4枚のアルバムをリリース。アルバムには椎名林檎、持田香織(Every Little Thing)、山口隆(サンボマスター)、Bose、ANI(スチャダラパー)、等の豪華ゲストが参加している。2015年6月13日より公開された是枝裕和監督作品「海街diary」では、役者としても初出演を果している。同年11月25日には、レキシにとっては初となるシングル「SHIKIBU」をリリース。同年12月からツアー「IKEMAX THEATER」を開催。チケットは各地完売となり、大盛況にて終了した。

LEGEND オブ伝説 a.k.a サイプレス上野

サイプレス上野によるa.k.aの名義を飛び越えた、「お前、上野だろ!」と呼ばれるスーパーストロングマシーンばりのバレバレ覆面DJプロジェクト。2009年からは国内最高峰JAPANESE DJ集団『申し訳ナイタズ』に『LEGENDオブ伝説 a.k.a. サイプレス上野申し訳Jr.』として加入。現在まで発表したMIX CD『DEAR CUSTOMER』全4シリーズは全て完売状態という有様。更には関係者の背筋をCHILLIN’させた『最近のディージェイ』は、MCが手がけたMIX CDとしては異例の1000枚を超えるセールスを記録という始末。本業における相方のDJロベルト吉野(← DJ)を差し置いて全国各地のパーティでもON THA MIX中。そして、2010年10月15日には6枚目の作品であり、日本語ラップ史に多大な影響を及ぼしたFILE RECORDSの音源を使った自身初のオフィシャルMIX CD『LEGEND オブ FILE MIX』をリリースし、2011年9月14日には映画『モテキ』を記念してリリースされた『モテキ的音楽のススメ MTK PARTY MIX盤』にも(有)申し訳ナイタズの一員として参加!
2016年5月11日には、日本語ラップからJ-POPまでをコンパイルしたMIX CD「LEGEND オブ 特選 MIX」をリリース!

日本語ラップDJと思われがちだが、実は軽薄かつ質実剛健になんでもぶっかけるDJイングです。

and more...!


イベント概要

日程:2017年5月27日(土)
会場:熊本県野外劇場アスペクタ(熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石4411−9)
チケット問い合わせ:【BEA】092-712-4221(月~金 11:00~18:00 第2・第4土曜 11:00~15:00)


▼詳細は公式ホームページにて

http://aso-rockfes.com
出典:http://aso-rockfes.com

公式ホームページに掲載された「お待たせ。」と「hello again」の文字に、シンプルながらも気持ちの込もった力強さが伝わって来る。
豪華アーティストの最終結12月10日よりグッズ付きチケットの先行予約が出来るようになり、今年のチケットも有効となるので、チケットを持っている人は来年まで失くさずに!

  • シェア
  • ツイート
  • はてぶ

この記事を書いた人


音楽人.net編集部です。
特に音楽ジャンルにはこだわらず、シンプルで役に立つ記事の配信を心がけます。

  • 公開記事数 : 214
  • 667197pt

シリーズ記事

BeatportによるHow to DJ動画(5)

DTM初心者の為のPCスペック-2016年版-(1)

イベントレポート(1)

風営法改正について考える(2)

音楽人へのインタビュー(3)

物販アイデアシリーズ(2)

ライブ演出シリーズ(2)

  • Blog
  • Facebook
  • Twitter

コメント


この記事に対するコメント (0 件) 

※会員登録するとコメントの投稿ができるようになります

投稿者名:

画像:


関連記事

世界レベルのライブ演出集

国内アーティストのライブ演出集

話題となったゲリラライブのまとめ

音楽人.netで記事を書きませんか?

音楽人.netとは?

キュレーターランキング

全て見る


音楽人.net 編集部

公開記事数 : 214

667,197pt


佐藤則之

公開記事数 : 2

213,374pt


海原亀太

公開記事数 : 22

122,319pt


パンジー関

公開記事数 : 6

115,637pt


岩谷翔 Success Voice

公開記事数 : 1

101,252pt